弊社は中長期スタンスで複数の収益不動産を保有しています。その「太閤不動産ポートフォリオ」の中から、今回は福井県福井市にてオフィスビルとして保有する「TAIKO毛矢ビル」をご紹介します。

場所は、JR北陸本線「福井駅」から徒歩12分のところになります。
福井駅は県下トップの乗降客数を誇る駅で、特急「サンダーバード」や「しらさぎ」など全ての優等列車の停車駅となっています。まず、福井駅を出るとこれでもかという程に恐竜がお出迎えしてくれます。さすがは恐竜の町です!

ここで、福井県と言えば、越前ガニ、東尋坊、恐竜、越前おろしそば、ソースカツ丼などを思い浮かべる方は多いかと思いますが(サイトチェックによるランキングも参考にしました)、今の福井は来る2024年春の北陸新幹線延伸に向けた再開発ラッシュで沸いています。ちなみに福井は、本州で唯一東京から電車一本で行くことが出来ない都道府県でしたが、北陸新幹線延伸に伴い、東京がぐっと近くなりとても楽しみです。

「TAIKO毛矢ビル」はその名の通り「福井市毛矢」に物件があります。「毛矢」は江戸時代に「毛矢侍」と言われる下級武士が住んでいた場所で、幕末には尊王攘夷の志のもと多くの志士が世直しのために心血を注ぎました。中でも福井が誇る俊才であり若くして安政の大獄の露と消えた橋本左内公はこの地にゆかりがあり、毛矢が隣接するエリアにはその功績を讃えて「左内町」と名付けられています。

さて、弊社が所有するTAIKO毛矢ビルに話を戻します。TAIKO毛矢ビルは2015年に取得したオフィスビルで、6つの企業様に入居頂いています。地域の皆様からのご愛顧もあって、お陰様で現在満室となっています。

北陸新幹線延伸への期待感もあいまって、オフィスの需要は活況を呈しています。さらに、2030年頃を目標に北陸新幹線はさらに新大阪へ延伸することも計画されていて、将来的には東京のみならず大阪もより身近な存在となることでしょう。

弊社としましては、これからも皆様に愛されるオフィス環境を作り上げることを念頭に、福井の地元地域経済を、ひいては日本経済を支えていきたいと考えております。

(不動産運用部)

 

|恐竜がお出迎えしてくれる福井駅(感染予防の観点から恐竜にもマスク)

|非常におしゃれな外観の福井駅舎

|大型マンションや商業施設が建設予定の福井駅前再開発の様子①

| 大型マンションや商業施設が建設予定の福井駅前再開発の様子②

|橋本左内公の銅像

|TAIKO毛矢ビル①

|TAIKO毛矢ビル②

|TAIKO毛矢ビル③

|TAIKO毛矢ビル④

|TAIKO毛矢ビル屋上より

 

弊社ホームページでは他の保有物件や売買物件、新築・改修実績など多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

最新情報はこちら

 

インフォメーション

問い合わせバナー

@taikokinoshita
@taikokinoshita
taiko_kinoshita