新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社では、毎年仕事始めの際に本社社員全員で「だるま」に目を入れる開眼式を行っています。
新年に新しい「だるま」を用意して願いを込めて片方だけ目入れをします。
そして、年末仕事の納めの日には、感謝の思いと来年への決意を込めて、本社社員全員でもう片目に目入れをして両目を完成させます。

だるまの目入れには、願掛けの意味で片目に目を入れ(開眼)
願い事が叶ったらもう片方の目に目入れして両目を完成させる(満願)
という意味があります。

今年一年の社運隆盛、大願成就を祈念し、無事に目が入りました。

皆さまにとりまして2022年が素晴らしい一年となりますよう心よりお祈りいたします。
一日も早いコロナの終息を心より願います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。