「大阪府2018年度第3四半期 建設工事成績評定結果」が発表されました。

建通新聞大阪版2019年2月18日電子版によると、「大阪府2018年度第3四半期 建設工事成績評定結果」が発表され、太閤木下建設株式会社は312現場中8位を獲得いたしました。

該当現場は、2018年11月に竣工いたしました「大阪府営堺若松台2丁目第2期高層住宅(建て替え)新築工事(第2工区)」です。

| 大阪府営堺若松台2丁目第2期高層住宅

工事成績評定点とは、工事が完成した段階で、発注者が工事ごとの施工状況、出来形及び出来ばえ、技術提案などを採点する工事の評定点のことです。


■太閤木下・長瀬特定建設工事共同企業体 結果

・全312現場中8位
・工種別 :建築83現場中4位
・弊社得点:83点(全件の平均点 75.5点、建築の平均点 74.5点)


なお、今回の工事内容は弊社プレスリリース・ブログに掲載させていただいております。
ぜひご覧ください。

●プレスリリース
大阪府営住宅新築工事竣工しました。

●ブログ

大阪府営住宅の新築工事① 順調に進んでいます

大阪府営住宅の新築工事② 上棟しました

大阪府営住宅の新築工事③ 新築工事中

大阪府営住宅の新築工事④ 新築工事竣工しました。


───−- -  -   -  - -−───

@taikokinoshita
@taikokinoshita
taiko_kinoshita

問い合わせバナー