9.11 アメリカ同時多発テロ事件から17年

今日は、9.11アメリカ同時多発テロ事件から17年。

弊社副社長木下は、まさにその現場に居合わせた内の一人でした。
本日のブログは、弊社副社長木下からのメッセージです。



本日は、9.11テロ事件から17年。

私は当時NYに滞在していて、毎日ワールドトレードセンター(No.7)に通っていました。そして当日の朝、事件現場に遭遇しました。拙著『プロフェッショナル介護人』(幻冬舎)を上梓する一つの原動力にもなったのが、2001年に起こった9.11アメリカ同時多発テロ事件です。

そして、先月8月の休暇中、久々にニューヨークに行ってきました。

9.11テロ事件から10年が経った2011年9月、10年メモリアルの式典に足を運びました。
今回は、それから7年ぶりのニューヨークでした。

| 2011年9月‐10年メモリアル式典の様子。「ワンワールド・トレードセンター」建築中。

今回は「911メモリアルミュージアム」を訪問しました。展覧物や当時の報道録画を見ながら当時のことが鮮明によみがえり、胸がざわざわしました。

|「911メモリアルミュージアム」エントランス付近

拙著にも当時の様子を書いています。
「親しい人へ別れの言葉を告げることも無く、亡くなっていかれた方々」へのご冥福を祈る気持ちで。

9.11アメリカ同時多発テロ事件から17年目の今日。
ここに改めまして、お亡くなりになられた方々へのご冥福を心よりお祈りいたします。

(代表取締役副社長・木下)