「関西アカデミア(一橋大学主催)」パネラーとして参加いたします

来る2月8日、弊社社長の木下が「第17回関西アカデミア」のパネルディスカッションに参加いたします。

このような貴重な場にお招きにあずかり、一橋大学関係者の皆さまには心より感謝申し上げます。

 

今回のテーマは「地域金融の将来を考える」です。

 

創業50年という弊社歴史の中で積み上げてきた経験をもとに、日本が現在抱える高齢化・少子化・人口減少・デジタライゼーション・低成長などの課題にどう取り組んでいくことができるか。産官学の有識者の皆さま方とのディスカッションを通じ、ご来場くださる皆さまの一助となるヒントをご提示できれば幸いです。

 

日時:2020年(令和2年)2月8日(土)13:00開場 13:30開始 場所:大阪国際会議場(http://www.gco.co.jp/

 

主催:国立大学法人 一橋大学

 

協賛:大阪ガス株式会社、オムロン株式会社、小林製薬株式会社、塩野義製薬株式会社、住友生命保険相互会社、住友電気工業株式会社、株式会社富士通マーケティング、株式会社村田製作所 (順不同)

 

後援:大阪商工会議所、公益社団法人関西経済連合会(順不同)

 

 

事前申し込みが必要となりますので、詳細はサイトまたは下記リーフレットをご覧ください。残りの席が少なくなっているようですので、ご希望の方はお早めにお申し込み下さいませ。

 

 

(参考)

「関西アカデミアについて」(一橋大学公式サイトより引用)

一橋大学は、社会科学の研究総合大学ならではの諸問題に対する優れた分析と方策を提唱するために、平成20年に「一橋大学関西アカデミア」を、平成22年に「一橋大学中部アカデミア」を開始し、各地域に特化したシンポジウムや講演を行っています。

 

本学は、わが国で最も古い社会科学の総合大学として常に学界を先導してきた歴史と実績を有し、今なお新領域の開拓を推進し続けています。アカデミアでは、本学が有する知的資源を活用して、さまざまな問題を取り上げ、関西そして中部の人々と協力しつつ、優れた分析と方策を模索していきたいと考えています。

 

また、この活動により、多方面に渡って関西そして中部地域との絆を創り、関係をより一層深めていけることを願っております。