工場・産業用倉庫・物流倉庫・事業用不動産に強い建設会社です

お客様に支えられて47年を迎えました

太閤木下建設株式会社

ISO9001・ISO14001を取得

PICK UP! 事業用不動産買取のご案内

大阪本社 06-4309-1111
東京支店 03-5297-5551
受付:平日 9:00~17:00

事業案内

土壌汚染対策法とは

土壌汚染に関する法律は、土壌汚染による健康被害、また土地取引への影響に注目が集まっている最中の平成15年2月15日に施行された「土壌汚染対策法」です。

法律では、の施工により、使用が廃止された有害物質使用特定施設に係る工場や事業場の敷地であった土地の所有者は当該土地の土壌汚染の調査が義務づけられ、その結果を都道府県知事に報告することが義務付けられています。

土壌汚染に対する法的規制

法律による規制のため、違反した場合には、調査命令や罰則等が定められている。

工場の廃止時などに調査が必要

「有害物質使用特定施設」に指定された工場等が廃止される場合や、健康への被害が生じる恐れがあると都道府県知事が判断する場合に調査が必要とされる。

但し、「有害物質使用特定施設」が廃止される場合でもその土地の次の利用方法が以下の場合は調査は不要とされる。

img_law01.jpg

  • 一般の人が立ち入る事が出来ない倉庫に変更する場合
  • 工場としての利用を継続する場合
  • 工場を廃止した後に新たに工場や倉庫を造る場合
原則として土地所有者に調査義務がある

土地の管理者や土地の占有者を含む土地の所有者が土壌汚染調査を行う義務がある。

調査対象は限定的だが、調査内容は厳しい

有害物質使用特定施設の数は限られており、また、調査の必要のない場合もあるが、調査対象に該当した場合の調査内容は極めて厳しい。

汚染が判明した土地は「指定区域」に指定される

汚染が判明した土地は都道府県により「指定区域」に指定される。そして、台帳登録により公開され、土地利用が制限される。

「指定区域」の土地は健康被害の防止措置を実施しなければならない

汚染に対する防止措置が終了し、その効果が確認されて初めて指定区域は解除される。

土壌汚染対策法とはに関するお問い合わせ

ホームページからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

大阪本社 06-4309-1111
東京支店 03-5297-5551
受付:平日 9:00~17:00

PAGE TOP