太閤木下建設株式会社は、昭和45年(1970 年)の創業以来、約半世紀にわたり総合建設会社・総合不動産会社として建築土木工事及び不動産業務全般を行ってまいりました。これもひとえに、長年にわたる皆さま方のご厚情とご指導の賜物と心より感謝申し上げます。

日本は戦後、団塊の世代を中心として、力強い経済成長を成し遂げてきました。その後、バブル崩壊を経て、現在の日本は低成長時代を迎え、人口の減少と超高齢化社会への道を歩んでいます。

その時代の流れを的確に捉えつつ、弊社は業務内容を変化させながら発展を遂げてまいりました。創業当初は、施工という側面から建物づくりに専念し、その後、建物とその土台となる土地の統合である不動産についても、開発や投資運用の実績を積み上げてまいりました。

時代がどのように移り変わろうとも、お客様の多様なニーズを常に研究し、そのニーズにあった企画的な提案を行うこと、その提案を実行するために必要となる豊富な技術力を提供すること、それが、総合建設会社・総合不動産会社としての弊社に与えられた使命であり、役割であると考えています。

創業約半世紀という歴史の中で蓄積してきた企画力・技術力と経営基盤により、更なる進化と発展のため、全社一丸となって全力を尽くしてまいる所存です。今後ともなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

東京支店では、創業半世紀という歴史の中で培った企画力・技術力と経営基盤を基に、首都圏エリアのお客様にも、付加価値ある企画提案業務を行っております。

また次世代を担う後継者として、社内システム化を推進しつつ、営業・建築工事・管理部門全体が効率良く連携を取り、情報共有を行い、タイムリーにお客様のニーズを把握し、それに対してスピーディーに対応できる体制を構築することもまた重要な役割だと考えています。そしてまた、システム導入により、「より高い生産性」の実現を目指しています。

首都圏エリアにおいても実績と信用を積み上げるべく、本社と連携を取りながらお客様に最適な企画提案を行ってまいる所存です。今後ともなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。