建物所有者に求められるアスベスト障害予防対策

アスベスト(石綿)は、1970年から1990年にかけて大量に輸出され、その多くは建材として建築物に使用されましたが、これらの建築物の老朽化による解体工事の増加に伴い解体工事従事労働者のアスベストによる健康障害の発生が懸念されています。

アスベスト含有製品のうち建材、摩擦材及び接着剤については、既に製造、使用等が禁止されていますが、さらに、アスベスト障害予防規則を制定し、労働関係者の健康被害防止対策の充実が図られました。この規則では対策の実行を期するため、建物の所有者にも一定の措置が求められています。

アスベストの対策工事

アスベスト除去

吹き付けアスベスト除去を行い、他の非アスベスト建材に代替する方法

アスベスト封じ込め

吹き付けアスベストの表面に固定剤を吹き付けることにより塗膜を形成する

アスベスト囲い込み

アスベストが吹き付けられている天井、壁等を非アスベスト建材で覆う

太閤木下建設のアスベスト調査・アスベスト対策工事

アスベスト調査・アスベスト対策工事処理手順例